美容皮膚科 東京|恵比寿やすみクリニック

美容皮膚科 東京|恵比寿やすみクリニック カウンセリング予約はこちら 0120-767-888
皮膚の構造と働き、それぞれのケア

美肌

皮膚の構造と働き、それぞれのケア

このエントリーをはてなブックマークに追加

日常のスキンケアを行ったり、美容皮膚科の治療を受ける上で、まず皮膚の構造を理解しておくことが大切です。

皮膚は、大きく「角質」、「表皮」、「真皮」の3つの層から構成されていて、厚さは、0.4~2mm程しかありません。皮膚に摩擦を加えてはいけないという由縁は、この薄さにあります。

これらの層は、それぞれ大切な役割を果たしています。また、すべての層に共通していえることは、優しくケアすること・保湿・紫外線対策が大切ということです。日常のケアで角質層をたっぷり潤し、キメの整ったお肌を維持するとともに、美容皮膚科での専門的なケアを上手く取り入れることが美肌への近道になります。





3層からなる皮膚の構造とその働き

皮膚は、わずか

・0.02mm程の『角質層』

・0.2mm程の『表皮』

・1~2mmと大部分を占めている『真皮』

から構成されていますが、それぞれの働きは以下のようになっています。



角質層

角質層では、核を失った扁平な角質細胞が、重なりあっています。扁平な細胞が何層にも重なり合い、細胞と細胞の間をセラミドなどの細胞間脂質が埋めるという構造になっています。例えて言えば、レンガのようで、細胞一つ一つがレンガ、その間の細胞間脂質がセメントにあたります。皮膚の最も外側にあり、皮膚のバリアゾーンと言われ、物理的・化学的刺激、バクテリア、紫外線などの有害物質から皮膚を守りながら、同時に皮膚内部から水分が蒸発するのを防ぐという役割を担っています。



皮膚

表皮は、内側から、基底層、有棘層、顆粒層と形を変えて徐々に表面にあがってきます。基底層で生まれた細胞は、上層に移動して、最終的には角質層となり、剥がれ落ちます。これをターンオーバーといいます。このターンオーバーが遅すぎたり、早すぎたりすると、肌荒れやしみ、くすみの原因となります。また、基底層には、メラノサイトという、メラニンを生み出す細胞が存在しています。メラノサイトは、紫外線やフリーラジカル(活性酸素)から細胞を守るために、メラニン色素を産生します。



真皮

真皮は、表皮の下にあり、表皮の10倍程の厚みがあります。膠原線維と呼ばれるコラーゲンや、弾力線維と呼ばれるエラスチンなどで構成されています。コラーゲンは皮膚のハリを保つ役割を担い、エラスチンは弾力のある線維で、コラーゲンをつなぎとめ支える役割をしています。真皮には、線維芽細胞という細胞が存在していて、コラーゲン・エラスチンのような線維やグリコサミドグリカンなどを作り出す工場のような役割をしています。

皮膚は、このようにとても薄いですが、体の最も外側を覆い、外界からの刺激から体を守るという大切な役割を果たしています。その他の器官と同じように、丈夫な健康な肌を作ることが、美肌へとつながります。





各層別のスキンケア、治療方法


角質層

キメ、くすみ、色素沈着、ざらつき、乾燥、小じわ、にきびを改善する上で、角質層のケアはとても大切です。
角質層は、皮膚の最も外側にありバリア機能として働いているため、誤ったスキンケアのやり過ぎなどで角質細胞の配列が乱れたり、未熟な角質細胞がたまってしまうと、すべての肌荒れへとつながります。バイ菌が入りやすくなり、水分保持ができなくなり、ニキビやキメの乱れ、乾燥などへとつながるのです。わずか0.02~0.03mmの角質層ですが、とても大切な働きをしているのです。

では、どのようにすれば、キメが整い、潤いのある角質層になれるのでしょうか。

角質ケアとしては、ピーリング、保湿が主に挙げられます。ピーリングには、レーザーによるカーボンピーリングやケミカルピーリングがあります。ケミカルピーリングも、乳酸ピーリング、グリコール酸ピーリング、サリチル酸マクロゴールピーリングなど酸の種類や濃度も肌質に合わせて行う必要があります。

お肌に合ったピーリングで、角質層の状態をリセットしたあとは、イオン導入、エレクトロポレーションなどで有効成分、保湿成分の導入をおこなったり、日頃の保湿ケア、紫外線対策、摩擦を与えないことが重要となります。



皮膚

表皮も角質層からの影響をうけます。角質が溜まりすぎていたり、キメが乱れていると、表皮のターンオーバーにも影響します。そのため、まずは、角質の状態、バリア機能を整えることが必要です。

表皮の主な症状として挙げられるのが、しみです。メラニンの排出が滞ってしまうと、しみやくすみとして症状があらわれます。予防として、紫外線ケアや美白美容液を一年中使うことが大切ですが、紫外線を浴びてしまったできたしみは、YAGレーザーやスーパーオーロラ(フォトRF)、ハイドロキノン・トレチノインなどで除去することができます。フォトRFには未来のしみを排出させる効果もあります。手遅れなどということは、ありませんので、今から、紫外線ケア・フォトRF・美白ケアを行えば、しみ・くすみのない美肌になれます。



真皮

真皮は、皮膚の大部分をしめ、弾力を保つ働きをしていますが、紫外線やエイジングにより、コラーゲンが硬くなったり、量が減少してしまいます。すると、たるみとして症状が現れます。

失ったコラーゲンの生成を促進させる治療としては、RF治療により線維芽細胞に刺激を与える方法が主流です。皮膚の下のコラーゲンの膜(筋膜)の治療としては、ウルセラがあります。その他、各種注入治療などがあります。注入療法としては、最新のペリカン注射水光注射、ヒアルロン酸注入、レスチレン・ビタールライト注入などの皮膚の弾力をもたせ、しわやたるみを改善させる方法を推奨しています。

真皮の線維のエイジングを防ぐために、日常生活では、睡眠をなるべくとり、紫外線対策、抗酸化対策・抗糖化対策、ストレスをなるべくためない生活を心がけることが大切です。



                                      恵比寿やすみクリニック
院長 佐藤 やすみ




お悩みの種類へ 特別プランメニュー
ご予約、お問い合わせはこちら 0120-767-888

※Webでのお問い合わせのみ対象。
お電話の方は「Webを見た」とお伝えください。

  • 男性専門外来 for Men
  • 医師・看護師 採用情報
  • お得なポイント&割引制度のご案内
「毛穴外来」タイプ別プランですっきり、すべすべ美肌に! 「短期間×ラクちん×確実」部分痩せでメリハリ美BODY宣言!! 小顔になればグッと美人度UP!!『新・小顔外来』
 「VIO脱毛」キャンペーン! 夏に向けてのオトナ女子のたしなみ 「マシン×注射」の最強コンビネーション!「美肌へのファストパス」 合言葉は「自然な若返り」。人気の「皮膚再生注射」がプランで登場!
「ふんわりがお」プランで愛されフェイスに! 目元から魅力アップ「まつ毛外来」 幸せ♡癒しオーラで周りを幸せに
ニキビよさようなら。根本から肌質改善『大人ニキビ外来』 シミ・そばかす・肝斑・くすみを改善!「美白外来」で美肌を叶える 体の中から美しく! 『美容点滴』
「唇・唇周り外来」で魅力的な唇に ビジネスにおいて、好印象になるための「男性専門外来」

最新メディア掲載

MAQUIA 5月号
[掲載情報を見る]

『MAQUIA』5月号「脚痩せ&美脚100問100答」に院長佐藤やすみが掲載されました。普段から行っている習慣をお話しています。

メディア掲載一覧 »

美容治療 プチ講座
  • 最新
  • 美肌
  • 痩身
  • ニキビ
  • アンチ
    エイジ
  • その他
  • クリニックお勧め美容アイテム
  • スタッフブログ
恵比寿やすみクリニック
  • スタッフ体験
  • Before&After
  • 素朴な疑問