美容皮膚科 東京|恵比寿やすみクリニック

美容皮膚科 東京|恵比寿やすみクリニック カウンセリング予約はこちら 0120-767-888
うっとり美肌をつくる方法 ♡5『にきび対策』

ニキビ美肌

うっとり美肌をつくる方法 ♡5『にきび対策』

このエントリーをはてなブックマークに追加

ニキビ対策としては、日頃からニキビができないように予防することが大切です。ニキビでお悩みの方は、ニキビを改善させるとともに、これ以上、ニキビができないように肌状態を整えるように心がけましょう。

そこで、今回は、ニキビ治療ではなく、スキンケアに関してお話していきます。
ニキビ治療に関しましては、ニキビページを参照ください。



こんな間違ったニキビ予防・対策していませんか?

ニキビがなかなか治らない・・・とお悩みの方で、
以下のようなことに当てはまる方はいないでしょうか。

  • ニキビに油分はよくないと聞いたので、油分は一切与えず、乳液さえも使わない
  • お肌を清潔に保つために、一日に何度も洗顔している
  • ニキビは、乾燥が原因と聞いたので、クリームやオイルをたっぷり使っている
  • 早くコメドを排出したほうが早く治ると聞いたので、無理矢理、押し出している
  • オイルクレンジングは、負担になると聞いたので、しっかりメイクのときも、ミルククレンジングをしている
  • ニキビののダメージを回復させたいので、高機能クリームで栄養を与えている

これらは、肌状態によっては、正しいケアとはいえません。
ニキビを治したいという気持ちから、極端な方法をとってしまう方も多いのですが、それでは、本来の健康的な肌に改善させることはできないのです。現在のご自分の肌状態を把握し、問題点を解決するようなスキンケアを行うことが大切です。

お肌やニキビの状態は、千差万別です。それぞれの方の生活習慣や現在のスキンケア方法を知らず、さらにはお肌を診ない状態で「ニキビには、絶対この方法が効く!」と断言することはできません。ですが、お肌のケアという観点から、これだけは守ってほしい、6つのことを挙げていきたいと思います。




ニキビができない健康な肌を育てるために
守っておきたい正しい6つのケア

1 肌の水分・油分バランスを整えること

スキンコンディションは、水分と油分のバランスで4タイプに分けられますが、ニキビが最もできやすいのは、水分量は少ないが油分量が多いというタイプ。理想的なバランスは、水分:油分=8:2といわれていますが、それ以上、油分量が増えると、水分量が減少し、毛穴詰まりを起こしやすい状態になってしまいます。そのため、理想的なバランスを保つために、お肌の水分保持力をあげるような保湿を行うことが大切です。(♡1保湿参照)



2 油分・栄養を与え過ぎない

ニキビが繰り返しできている状態の肌は、ダメージを受けている一方で、炎症・細菌感染を起こしています。そのため、栄養を与えすぎてしまうと、肌が活性化し、炎症が進んでしまいます。そのうえ、細菌に栄養を与えてしまうことにもなり、増殖を促進させてしまいます。
特に、もともと乾燥肌であった方は、ニキビができてしまった状態でも、「ニキビは、乾燥が原因だから・・・」と、つい、油分の多い乳液や美容クリームをたくさん塗ってしまう習慣があります。ニキビができる前の肌であれば、それほど問題ではないのですが、できてしまったら、油分は控えましょう。
とはいえ、油分を極端に控え、乳液も使わないというケアをしてしまうと、角質が乾燥して硬くなり、ニキビ改善の妨げになってしまいます。よって、大人ニキビの場合は、角質を柔らかくするためにも、さっぱりタイプの乳液、またはニキビの原因になりにくいスクワランオイルを少量使うなど、お肌を柔軟に保つための最低限の油分は取り入れましょう。



3 角質ケアを行う

これは、大人ニキビにおいて、最も重要なことです。大人ニキビの原因は、過角化>皮脂過剰である場合が多いので、定期的に角質ケアとして、優しいピーリングを行い、角質を正常な状態に戻すことが大切です。さらに、その状態を維持するためにも、正しい保湿を心がけましょう。



4 皮脂分泌を抑える

"大人ニキビは皮脂を抑えてはいけない"と思っている方も多いのですが、実は、大人ニキビの場合でも、オイルコントロールが必要な場合もあります。もともと皮脂が少ない方でも、ニキビができ始めた頃を境に、皮脂分泌量が急激に増えていることが多いためです。油分と水分は相関関係にありますので、油分量が増えると、水分量が低下し、乾燥を引き起こし、ニキビができやすい状態になってしまいます。

それらを改善するためには、ビタミンC美容液をスキンケアに取り入れることをお勧めしています。ビタミンC、B2、B6は、皮脂分泌を抑えてくれますので、内服でも取り入れ、体の中からケアすることも大切です。

さらに、食事もニキビを改善させるうえでは、とても重要です。甘いものや脂っこいものは、皮脂分泌量を増やしたり、角質の状態を不安定にしますので、ニキビが改善されるまでは、がんばって控えましょう。



5 肌を清潔に保つ

お肌を清潔に保つために、朝・晩、洗顔を行いましょう。
そして、中でも最も重要なことは、"触らないこと"です。バリア機能が低下している肌は、雑菌も付きやすく、触る刺激で炎症も進んでしまいます。

圧出に関しても、潰す時期を間違えると余計に悪化してしまいます。また、ご自分で圧出を行うと清潔に行えないので、圧出は専門機関にて行うことをお勧めします。



6 メイクをきちんと落とす

メイクや酸化した皮脂がお肌に残っていると、毛穴詰まりを起こしやすくなります。それにより、ニキビへと進行してしまうこともありますので、ベースメイクに合わせて、クレンジングの選択をすることが大切です。
詳しくは、「♡3クレンジング・洗顔」をご参照ください。



                                      恵比寿やすみクリニック
院長 佐藤 やすみ




関連治療・商品

お悩みの種類へ 特別プランメニュー
ご予約、お問い合わせはこちら 0120-767-888

※Webでのお問い合わせのみ対象。
お電話の方は「Webを見た」とお伝えください。

  • 男性専門外来 for Men
  • 医師・看護師 採用情報
  • お得なポイント&割引制度のご案内
「毛穴外来」タイプ別プランですっきり、すべすべ美肌に! 「短期間×ラクちん×確実」部分痩せでメリハリ美BODY宣言!! 小顔になればグッと美人度UP!!『新・小顔外来』
 「VIO脱毛」キャンペーン! 夏に向けてのオトナ女子のたしなみ 「マシン×注射」の最強コンビネーション!「美肌へのファストパス」 合言葉は「自然な若返り」。人気の「皮膚再生注射」がプランで登場!
「ふんわりがお」プランで愛されフェイスに! 目元から魅力アップ「まつ毛外来」 幸せ♡癒しオーラで周りを幸せに
ニキビよさようなら。根本から肌質改善『大人ニキビ外来』 シミ・そばかす・肝斑・くすみを改善!「美白外来」で美肌を叶える 体の中から美しく! 『美容点滴』
「唇・唇周り外来」で魅力的な唇に ビジネスにおいて、好印象になるための「男性専門外来」

最新メディア掲載

MAQUIA 7月号
[掲載情報を見る]

『MAQUIA』7月号「"あなたの美白が効かない"本当の理由」で院長佐藤やすみがコメントさせていただきました。

メディア掲載一覧 »

美容治療 プチ講座
  • 最新
  • 美肌
  • 痩身
  • ニキビ
  • アンチ
    エイジ
  • その他
  • クリニックお勧め美容アイテム
  • スタッフブログ
恵比寿やすみクリニック
  • スタッフ体験
  • Before&After
  • 素朴な疑問